活動報告リポート

桑名市議会は解散中

桑名市議会議員選挙も投票日まで残すところあと2日、市内を選挙カーで回っているといろいろな方々から声をかけていただき、さぁ、もうひと頑張り!と気合が入ります。

昨日は桑名市民会館小ホールでこの選挙戦における総決起集会と銘打った個人演説会を行い、280人を超える皆さんにお集まりいただきました。ありがとうございました。

さて、一昨日あたりから、テレビや新聞で衆議院が解散するのではなかと大きな報道がされています。いろんな思惑があるようですが、真に国民のためになることを思わずにはいられません。
解散といえば、いま選挙が行われている桑名市議会はある意味解散中です。新たに決まる26人の議員で真に市民のためになる桑名市議会をつくっていかなければなりません。
個人演説会では医療体制の充実や子育て、介護など福祉の充実などを中心に皆様に訴えましたが、議会改革も重要な課題として訴えさせていただきました。

議会改革は、4年前にも取り組まなければならない大きな課題として掲げ、議会の一員になってからもその思いで取り組んできました。自らの反省も含め「議会改革は不十分」と思わずにいられません。
多くの候補者が議会改革への思いを訴えています。市民から信頼される議会づくりの第一歩は、議員も市民の一人であり、また市役所の一員だということを自覚すること。その両方の視点で取り組めば、私が求める議会改革が達成できるのではと思っています。

残された時間、「桑名の今とこれからのために」全力で皆さんに訴えてまいります!